前へ
次へ

高額な医療費が必要な時は控除が受けられます

中高年の年代になると、糖尿病やがん、心臓病などの生活習慣病に罹る人が増えてきます。通院が必要になり、定期的に治療を受けていると、高額な医療費が掛かることもあります。一年間に10万円を超えた場合は、医療費控除を受けることが出来ます。本人だけでなく、同じ保険証を使用している家族も対象になります。会社員の場合でも自分で手続きをしなければなりません。病院やクリニックの領収書を保管しておき、税務署で手続きをしましょう。現代はストレス社会になっており、多忙で睡眠不足気味の人が増加しています。20代、30代の若い人も、病気に罹り入院が必要になることもあります。入院が長引いて高額な治療代が必要になった時は、高額医療制度が利用出来ます。現代は医療機関に入院をする前に、手続きをしておくと差し引いた金額で請求されるので安心です。なるべく健康なうちに生命保険に加入をしておくと、経済的な負担を減らすことが出来ます。

Page Top