前へ
次へ

コロナウイルスと韓国の医療崩壊の原因

韓国はコロナウイルスの発生当初は、うまく感染症対策が行えているような状況にありました。しかし、国が判断を少し間違えただけで圧倒魔に医療崩壊を引き起こしてしまったのです。その原因は、PCR検査をしらみつぶしに行う政策へ特に舵をとったため、感染者が拡大しました。このPCR検査には賛否両論があります。日本でもPCR検査をやるべきという声が強くあり、韓国の制作を称賛する声も強かった時期がありました。しかし、政府は、最前線で感染症の治療や対策に従事している人達の安全を第一に考えて、不特定多数との接触が生じるPCRは常に限定的に行うべき投資性を頑として崩すことはありませんでした。この方針が功を奏し、結果的に日本では感染者の増加をかなり抑えることができたといいます。やはりPCR検査には多くの人材とコストが掛かるため、消極的な姿勢を取り続けた政府の方針というのは、後々評価されることでしょう。本当によくやったと思います。

Page Top